これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

【美肌】になりたければ、ヨダレかけを用意!?

f:id:adamari042528:20190729203754j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

みなさん、お風呂場で歯磨きをしますか?

 

お風呂の中で歯をみがくと肌がキレイになる

ご存じでしたか?

私は知らなかったぁ…

いつもいつも、そんな簡単な美肌ケアをみんなもったいぶって私に教えくれないんです(。-`ω-)

ズルいです。ズル過ぎます(´;ω;`)ウゥゥ

なので、今日は皆さんにお教えしましょう。

 

そうです。美肌になりたければ、お風呂で歯をみがけばいいんです

 

美肌ホルモン:パロチン

人間の唾液の中にはパロチンという「美肌ホルモン」「若返りホルモン」とも呼ばれるホルモンが含まれているそうです。

そのパロチンに期待される効果とは

  • 皮膚の代謝を活発にして、シミ、しわを防ぐ
  • 新陳代謝が活発になることで、髪や肌の発育を促す
  • 唾液と一緒に飲み込んだパロチンが、胃や腸の働きを助ける
  • 骨や歯の表面にカルシウムを沈着させ、丈夫にする

など、なかなか素晴らしい効果があります。

 

中でも3つめの胃や腸の働きを助ける、という点については腸内環境を整えることになるのでアンチエイジングにおいて、もっとも重要になります。

腸内環境が整うと悪玉菌の活動が衰えるため、腸からキレイな血液が生まれます。

自律神経も安定するので血管が拡張し、血流がサラサラになります。

さらに新陳代謝が活発になることで、肌も生まれ変わるという好循環が出来るというわけです。

 

さまざまな効果のあるパロチンは、白内障や更年期障害の治療薬にも使われているそうです。

 

f:id:adamari042528:20190729204019j:plain

 

赤ちゃんがヨダレを沢山垂らすのはパロチンの分泌が盛んだから。

赤ちゃんの肌がキレイなのは、そのためだそうです。

しかし、パロチンは年をとるにつれて減ってしまうそうです。

 

パロチンをしっかり出すために

年齢とともに、パロチンが減ってしまうのであれば唾液を増やす必要があります。

そのためには

  • お風呂で体を温めてリラックスした状態で歯を磨き、口の中を刺激する
  • 噛む回数を増やし自然と唾液の量を増やす
  • 耳と頬の間にある耳下腺をマッサージして刺激する
  • 舌の運動をして舌周りの筋肉を鍛える

など、とにかく唾液を増やすということが大切のようです。

 

今日からお風呂場での歯磨きはマストですね。

あとは舌回し運動も、ほうれい線のケアにもなって一石二鳥になりますね。

あとは美味しそうなものを見て、食べずに我慢してヨダレだけ出しておけば、ダイエットにもなって美肌にもなりこちらも一石二鳥です。

その際にはぜひ、ご自身のヨダレかけもご用意下さい(笑)

唾液は無料の美容液

パロチンが含まれる唾液は高級美容液よりもアンチエイジング効果が期待できます。

ヨダレかけに垂らしてしまってはもったいないので、ぜひ垂らさずに飲み込みましょう(笑)

 

美肌目指して、今日からお風呂で歯磨き🎶ぜひお試し下さいませ~(*'▽')