これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

【老化を避けたい方】【疲労感を取りたい方】あれを食べなければ改善するかも!?

f:id:adamari042528:20190727182335j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

みなさん、パンは好きですか?

私はめちゃくちゃ好きです。

いや、好きではありません。

好きなんかじゃなくて、大好きです!

パンは私の恋人(。・ω・。)ノ♡

いつも一緒🎶

でしたが、いつも幸せな気分にさせてくれると思っていた彼ったら、陰で私の体に悪さをしていたんです…

パンが体に悪い理由

良いお付き合いを長らく続けてきましたが、1年くらい前にお別れをしたパンくん。

たまに「会おう!」と言われるので、コソコソ会ったりしていますが…

パンくんとお別れにいたった経緯をお話しましょう(笑)

パンは血糖値を上げて老化のもとになる

パンを食べた後の血糖値の上がり方はハンパないようです。

パンに含まれるデンプンは即効でブドウ糖として血管に流れ込んで血糖値をガンガンと上げてしまうとのこと。

結果的に食べ過ぎを引き起こすことになり、どんどん老化を起こすハメになってしまいます。

 

全粒粉パンなどは、健康的なイメージがありますが、こちらも血糖値の上昇値はスニッカーズよりも上だそう!

さらに急上昇した血糖値がタンパク質と結びつくと、細胞レベルで糖化を引き起こし、肌は老け、内臓は劣化して、どんどん老けてしまうようです。

パンには大量のグルテンが入っている

グルテンとは小麦に含まれるタンパク質の一種。

ダイエットやアレルギー対策としてグルテンフリーの食品なんかが流行っていますが、そもそも、グルテンアレルギーの人が食べると命に関わるケースもあるそうです。

アレルギーではない人でも、パンを食べると消化管の免疫系がグルテンを攻撃し始め、腹痛、膨満感、下痢、疲労が起きるようです。

さらにグルテンは腸にダメージを与える可能性があり、栄養の吸収が妨げられてしまうこともあるようです。

 

パンには抗栄養素が入っている

市販のパンには菓子パン以外にも大量の砂糖や果糖ブドウ糖液糖が入っているケースが多く、それだけでも血糖値が大幅に上がってしまうとのこと。

また、パンにはフィチン酸という抗栄養素(栄養の吸収を妨げる成分)が入っていて、カルシウム、鉄分、亜鉛といった大事なミネラルの吸収をブロックしてしまったりもするそうです。

 

 

パンには栄養素が少ない

そもそもパンに含まれている栄養素のすべては、他の食品からさらに効率よく摂ることが出来るんだとか。

全粒粉パンも例外ではなく、結局は野菜の方が栄養的には優秀とのこと。

必須アミノ酸も足りず、たんぱく源としてもイマイチのようです。

f:id:adamari042528:20190727182324j:plain

そんなわけで、私たちはもうかれこれ30年ほどお付き合いをしてきましたが、去年お別れした、という訳ですwww

 

思えばパン食べ放題なんて、楽しいひと時を何度過ごしてきたことか…

そんな日は決まって夜アレルギーを起こして、太もも内側に湿疹が出来てしまい、パンくんの仕業かな⁉と思いつつもお別れするのが辛すぎて見ないふりをしていましたが…

 

超イケメン俳優のディーンフジオカさんがグルテンアレルギーであることをテレビでお話されていて、グルテンフリーにしてフォーばかり食べている、というのを聞き私も私も‼となった訳であります。

 

パンを毎日のように食べていた頃、謎の疲れがありましたが、ここのところ倦怠感があまりないような気がします。

当然、太もも内側の湿疹もしばらく見ていません。

 

ただ、スーパーに行ったり町のパン屋で、必ずパンくんが「よりを戻そう」と迫ってきますが、よりを戻すのは止めようと思っています。

だって、また私の体に悪さをしようと思っているはずなので…(笑)

でも、たまの浮気はOK🎶ということにしましょう。

だって、あんなに好きだったんだから(。・ω・。)ノ♡

あんパンとか、メロンパンとか、フランスパンだって大好きだし、サンドウィッチやホットドック、もう焦げてるパンだって好きなのよ!とよだれが出てきましたが(笑)

たま~に食べるのはよし!ということで🎶

 

パン好きで謎の疲れがある方、老化を避けたい方、少しづつパン生活をやめると体調がよくなるかもしれません。

パンくんとのお付き合いはほどほどにして体調改善してみて下さい(*'▽')