これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

「えっ?」と会話中に聞き返すことが多くなってきたら、認知症のリスク!?

f:id:adamari042528:20190724184941j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

最近、人の声が聞こえにくくなったかな…という方はいませんか?

 

夏になったからといって「誰もいないのに人の声が聞こえる・・・」とかいう怪奇現象みたいなことは言わないで下さいませ(笑)

 

中程度の難聴がある人は認知症のリスクが1.6倍

イギリスで行われた調査では、普通の大きさの会話での聞き間違いや、聞き取りにくさを感じる人は認知症になる確率が1.6倍になる、という報告があるそうです。

 

アラフォー、アラフィフの方はまだまだ難聴なんて先の話…と思っている方の方が多いかもしれませんが、聞こえに悩みを抱える方は少なくないようです。

 

2015年の日本で行われたアンケート調査では、聴力に問題を抱えている人は18歳以上の13.1%に上ったそうです。

単純に人口にあてはめると、1,000万人以上が聞こえに問題を感じていることになるそう。

 

マンチェスター大学の研究では、耳がよく聞こえる人ほど認知機能が下がりにくい!という結果がでています。

この結果から、聴覚はアンチエイジングにおいても超重要と言えますね。

 

難聴と認知症の関係

認知症と難聴の関係については2つの可能性が指摘されているそうです。

社会的な孤立につながる

難聴になると、人の声が聞き取りにくくなり、会話が難しくなってきます。

その結果、家族など周囲との関わりが減ってしまいます。

そうして社会的に孤立すると、コミュニケーションによる刺激がなくなり、さらに精神的なストレスなどによって認知症になりやすくなる、と指摘されているそうです。

認知的な負荷が高まる

私たちは人の話し声の一部を聞き取れなくても、自動的にその聞こえなかった一部の言葉を補って理解することができます。

例えば、「おは?うございます」「こ?ばんは」という「?」の部分が聞き取れなくても他の音や状況から判断して「よ」や「ん」に違いないと脳が補ってくれています。

 

聴力が低下してしまうと、脳はたびたびこのような働きを行わなければならなくなります。

すると、脳はそこに力を割くあまり、他の働きをする余裕がなくなってしまうようです。

結果として、全体的な認知機能が低下するのではないか?と考えられているとのこと。

 

難聴を見分けるサイン

ゆくゆく、認知症にならないためにも自分が難聴かどうかを知る必要があります。

また、家族が認知症にならないためにも、家族が難聴になっていないかを注意して見る必要があります。

 

イギリスの国民保険サービスのウエブサイトでは難聴のサインをいくつか挙げています。

  • 会話中に聞きなおすことがある
  • 音楽やテレビのボリュームが他の人より大きい
  • 電話の呼び出し音やドアベルの音になかなか気付かない
  • 雑音がどの方角からするのかがわからない
  • 聞くことに集中するため、疲れたりストレスを感じたりする

もし、複数の項目に該当したり、聴力が心配という方は一度耳鼻科や検診で聴力検査を受けてみるのも良いかもしれません。

 

聴力はどうしても加齢とともに衰えてしまうようです。

ただ、聞こえと脳の関係が明らかになりつつある中で、聞こえに問題を抱えていなくても今から耳を大切にしてあげることが重要です。

難聴を予防するために

耳を大切にするために、一般的に推奨されていることがいくつかあります。

  • テレビや音楽の音量を大きくしすぎない
  • 周囲の雑音をカットできるヘッドフォンを使う
  • 外部の音がうるさい場所で働く時は耳を守る道具を使う
  • 自分や家族の耳の中にむやみに異物を入れない(綿棒、ティッシュなども)
  • 自分や家族の聞こえに問題を感じたら耳鼻科を受診する

f:id:adamari042528:20190724185005j:plain

私の義父母は87歳と89歳。

どちらも耳が遠くなっている、という兆候はほとんどありません。

ごくごく普通の音量で話せるくらいなので、会話に困ることなく認知症とは無縁なほど、元気でしっかりしています。

 

病院でお年寄りと接したり、耳鼻科受診をする患者様を観察していると、やはり難聴と認知症の関係は否定できないのかなぁ…という気がします。

大きな声で話さなければならないような高齢の方は家族に付き添われて通院している方が多いですし、90歳を超えても一人で病院に来るような方は普通の声でお話し出来る方がほとんどです。

脳の機能を保てているのは聴力のおかげなのかなぁ、というのが率直な感想です。

 

今まで ❝NO MUSIC, NO LIFE❞ で何をする時も何処へ行く時も、イヤホンを付けてガンガン音楽を聴いた私ですが、耳のためにイヤホンを止めました。

私の人生は音楽を失い、もう終わってしまったようなものです(´;ω;`)ウゥゥ

というのは大袈裟ですが(笑)

会話中に何度も聞き返さなくてはならなくなれば、やはりコミュニケーションを取りづらくなる、というのは容易に想像できます。

そうならないために、耳に負荷をかけるのはもう止めようと思いました。

 

誰かとのコミュニケーションを絶やさず若々しい脳を保つには聴力が欠かせない、と言えそうですね。

 

みなさんも、コミュニケーションに欠かせない耳を大切にしてあげて下さいませ~(*'▽')