これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

【孤独感】はタバコと同じくらい死亡率を上げる!?

f:id:adamari042528:20190720195421j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

みなさん、「孤独感」を感じることはありますか?

 

孤独はタバコと同じくらい体に悪い

孤独に関する研究では、「孤独感」が大きい人はメンタルだけではなく、健康状態も悪化してしまうことが分かっています。

 

孤独な人ほど早死にしている

2015年にブリガムヤング大学が行った研究で過去に出た70件のデータをメタ分析したところ

  • 「孤独感」が死亡率を26%高める
  • 社会的孤立は死亡率を29%高める
  • 一人暮らしは死亡率を32%高める

という結果が出ているそうです。

この数字はほぼ肥満の脂肪リスクと同じになるようです。

 

孤独な人には認知症が多い

2012年の研究データによれば、「孤独感」が強い人ほど認知症になる確率が高かったとのこと。

ここで重要なのは孤独ではなく「孤独感」ということ。

実際に家族や友人といても「孤独感」が強いと認知症になりやすい、ということです。

また、認知症が「孤独感」を生み、さらに「孤独感」が増す、という悪循環も起きてしまうようです。

 

孤独な人は栄養状態も悪い

2013年に行われた調査では50代を超えても一人で暮らしている人は、パートナーがいる人に比べて野菜をとる割合が少ないというデータがあります。

一人でとる食事は安易に食べられるコンビニ弁当やジャンクフードが多くなってしまうことが原因だそう。

 

孤独な人は全身に炎症が起きる

ずっと「孤独感」を感じたままの人は遺伝子の発現に違いが出てしまい、細胞に慢性的な炎症おこしてしまう、という2011年の論文があります。

慢性炎症は

  • うつ病
  • 心疾患
  • 肥満
  • アレルギー

などの原因となるので、結果的に死亡率を高めてしまうんだとか。

 

孤独な人は睡眠の質が下がる

2011年の実験では、95人の参加者を調べたところ、「孤独感」のスコアが高かった人ほど、睡眠時間が短く、夜中に起きてしまう傾向が強かったそう。

 

孤独な人は体が痛む

2003年の実験によれば、「孤独感」は脳の前帯状皮質に刺激を与えて、現実の痛みに近い感覚を生み出してしまうんだとか。

しかも、その痛みを和らげるために脳内麻薬まで分泌される、という驚きの結果も出ているそうです。

f:id:adamari042528:20190720195448j:plain

 

孤独でもすぐに死亡率が上がるわけではなく孤独から慢性的な疲れ、うつ病、意味不明の痛みなどを経て、ジワジワと体を壊していくようです。

その死亡率がほぼ喫煙のリスクと同じになってしまう、ということですね。

 

たばこを吸っていなくても、孤独になってしまうとたばこを吸っている人と同じくらい体に悪影響がある、というのは恐ろしいですね。

 

ただここでのポイントは、本当に問題なのは「孤独感」である、ということです。

家族がいなくても、友人がいなくても、寂しさを感じないのであればノープロブレムなんです。

 

ちなみにポジティブサイコロジーの研究によると、最悪、妄想の中で仲の良い友達と楽しく語り合うだけでも大分違うらしいので、「孤独感」を感じてしまっている方はお試しいただければよろしいかと🎶

 

ということで、友達が少なめな私としては今日は土曜日であるにも関わらず、2度目の記事なんて書いてしまっているほど孤独な感じなので、ちょっとそこにあるスヌーピーのぬいぐるみをとっつかまえて、一緒にお酒でも飲みながら、

「今度、スヌーピーっていうキャラクターを隠してディズニーランドでも行く?行ってみたいよねぇ~、いつ行く?」

なんていう話で楽しく盛り上がりたいと思います(笑)

 

どなたか真似してもよいですが、逆に「切なさが増した‼」とか言って怒らないで下さい(;・∀・)

 

ではみなさま、「孤独感」を持たないよう人とのふれあいを大事にして下さいませ~(´▽`*)