これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

【すぐ死ぬんだから】頑張って外見に手をかけなくても!?

 

f:id:adamari042528:20190717072855j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

みなさん、内館牧子さんの ❝すぐ死ぬんだから❞ もうお読みになりましたか?

 

すぐ死ぬんだから

すぐ死ぬんだから

 

 

私は少し前に読みました。

久々に面白い小説を読んだなぁ!というのが第一感想。

面白すぎて一気に読んでしまいました。

とにかく先が読みたくて終わりが気になり一気に読んでしまう、というのも久しぶりのことです。

 

これから読もうと思っている方に申し訳ないので、内容はお伝えしませんが、アンチエイジングについて考えさせられる冒頭部分だけご紹介🎶

 

年を取れば、誰だって退化する。

鈍くなる。

緩くなる。

くどくなる。

愚痴になる。

淋しがる。

同情を引きたがる。

ケチになる。

どうせ「すぐ死ぬんだから」となる。

そのくせ、「好奇心が強くて生涯現役だ」と言いたがる。

身なりにかまわなくなる。

なのに「若い」と言われたがる。

孫自慢に、病気自慢に、元気自慢。

これが世の爺サン、婆さんの現実だ。

この現実を少しでも遠ざける気合いと努力が、いい年の取り方につながる。間違いない。

そう思っている私は、今年七十八歳になった。

六十代に入ったら、男も女も実年齢に見られてはならない。

 

どうですか?

世のお年寄りを余すとこなく言い当てていて、凄くないですか?

(お年寄りの方からお叱りを受けるかな?)

 

ただ、50歳目前の私も他人事ではなく、けっこうこの中に当てはまることがあったりしてやばっ‼と思っています(; ・`д・´)

 

まずは身なりですねぇ…

自分では40代中頃までけっこうきちんとしていた方だと思っていたのですが、段々どうでもよくなってきてしまいました。

 

でもやっぱり若くは見られたい(笑)

 

孫自慢や病気自慢こそまだですが、先日は友達と気付くとお墓のことと自分が介護されることについて話してました(;'∀')

まだ早すぎる(笑)

f:id:adamari042528:20190716173609j:plain

 

こちらの本の主人公ハナさん、とにかく外見に手をかけ見た目年齢はマイナス10歳‼

もうその頑張りようたっら凄まじいものがあります。

それゆえ、外見に手をかけずに年老いていっている者へのダメ出しも容赦ありません。

その物言いはキツいのですが軽快で、笑えますwww

私も一発でダメ出しを食らいそう(笑)

 

ただ、私もけっこう今まで頑張って外見に気をつかってきたけれど、年齢を重ねれば重ねるほど、その頑張りがイタイような気がしてきて…

そんな風に考えるようになったら、厚化粧している人を見ると、なんかギラギラして見えてしまい…

 

しっかりと化粧をすることは社会人としても、女性としても、マナーであることは間違いありませんが、何せ目が悪くなっていますからね…

化粧をすると、よく見えずにどんどん濃くなってしまうんですよ(;´∀`)

 

もう鏡に顔がくっつくんじゃないか?っていうくらい鏡に近寄ってメイクをしていますが、少し引いて見てみると、おっ、おてもやんやん‼

アイブローとリップライナーを間違えて、私は何度口を真っ黒にしたことか!

ヘビメタ風メイク(。´・ω・)?

けっこうそれもイケてる?

とか思いながら…(笑)

もちろん、逆もしかりで眉毛がピンクになるんですよ(´∀`*)ウフフ

 

そんなこんなで、やっとメイク完成で眼鏡をかけて見てみると、こんなはずじゃぁなかった‼

あれっ、メイクして美しくなったつもりでいたのに、全然なってない(;'∀')

 

とまぁ、こんな経緯もありなんとなくメイクをするのがイヤになってしまったというのもありますが、健康のために体にいい食事をしたり運動をしたり、十分な睡眠がとれていれば自然と若々しく見えるのは確かなので、私はそちらで頑張ろうと思っています。

 

f:id:adamari042528:20190716173659j:plain

 

ただ、頑張って頑張って外見を若々しく作るか、ナチュラル派でいくのか、どちらにせよ自分は若い!と思うことがアンチエイジングに繋がることは研究で明らかになっています。

 

自分は若い!と思うことで病院にかかる確率が25%下がる

外見を若々しく見せようとするのは、もう自分が老いているのを自覚しているからかもしれませんが、とにかく自分が若いという感覚が一番重要。

 

モンペリエ大学の研究で、およそ10,000人分の健康データを統計処理したものがあります。対象者の年齢は24~102歳まで。

実年齢よりも自分が若いと感じられるほど、その後2~10年の間に病院にかかる確率が10~25%下がる

 

これはなかなかのアンチエイジング🎶

自分が若いと思っている人は

  • メンタルが健康的な傾向も強い
  • 日常的な活動量も多い
  • 脳の機能も高い
  • 慢性病の発症率が低い

というような傾向があった模様。

研究者いわく

若さの感覚は非常に重要で、これまでの研究でも主観的な若さが幸福度をアップし健康的な暮らしに影響を与えることが分かっている。

今回の研究では、さらに主観的な若さが病気の発症率を下げることも分かった。

 とのこと。

なので、もう主観だけでOK🎶なんです。

自分は実年齢よりも若いと思えるように外見に手をかけてもよいし、何も手をかけずにナチュラルな感じの方が若いと思えるなら、それだけで病院が遠のいていきます。

 

なので間違っても、もう「すぐ死ぬんだから」どうでもいいのよ!という思考にはならずに❝自分は若い❞という信念を貫いて下さいませ~(´▽`*)