これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

【肉】を食べると長生き出来ない!?

 

f:id:adamari042528:20190715134414j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

みなさん、お肉は好きですか?

 

私は大好きです。ライオンなみに好きです。

子供達もハイエナのように横取りしてきて食べます。一家全員肉食獣です(笑)

 

ただ私同様、肉食獣の方には残念なお知らせかもしれません。

肉を食べると長生きできない

これはみその回☟でも紹介した ❝長生きしたけりゃ肉は食べるな❞ に書かれてある言葉です。

 

www.kimamariko.com

 

肉はお腹の中で大変な悪さをしてしまうようです。

 

西洋人はもともと狩猟民族で肉を食べていたため、腸が短く肉は消化されるとすぐに体外に排出されますが、日本人は農耕民族で穀物主菜をしていたため、腸が長く肉を食べると消化に時間がかかってしまうそうです。

 

そのため肉のカスが腸内に長く残り腐敗してしまうとのこと。

それだけに大腸への負担が大きくなってしまうそうです。

 

その結果、さまざまな毒素が発生し、血液が汚された結果、内臓や細胞の機能がうまく働かなくなり、炎症をおこしてしまい、その炎症が細胞のガン化ということに繋がるようです。

 

肉にかぎらず、卵や牛乳などの動物性たんぱく質はみな同じような作用があり、腸内環境を悪化させて、毒素を発生するそうです。

 

また、肉は腸内環境を悪化させることはもちろん、血液を酸性にしやすく老廃物を残しやすいそうです。

それにより、早期老化や頭痛、眠気、関節炎、慢性疲労など、さまざまな健康障害がおきてしまうとのこと。

 

なので、「疲れた時に肉を食べて元気にならなきゃ」と思って焼肉なんか食べてしまうと、余計体は疲れてしまうようです。

 

疲れた時の体とは代謝酵素が不足している時。

消化能力自体も落ちているので補うべきは酵素となります。

それなのに、そこに消化されにくい肉を食べれば疲労感が増してしまうというわけ。

 

実際、いまやトップアスリートの多くも肉食より草食を取り入れているそうです。

未消化の肉は腸内で腐敗し、肝臓・腎臓に負担をかけ、体内ミネラルやビタミンもよけいに消費してしまうことがわかったため、激しい運動で活性酸素を一般人以上に発生させるアスリートならなおさら日常の生活では体への負担を減らした方がいいという理由です。

 

健康長寿のためには高齢者も肉を食べるべき、という意見もありますがただ肉をたくさん食べればよいという考え方ではないようです。

 

105歳で亡くなった医師の日野原重明さんは、晩年までよく肉を召し上がったということですが、魚も野菜もご飯も発酵食品もバランスよく食べ、オーガニックにこだわっておられたそうです。また油も非常に良質なものを選んでおられたとか。

 

また、101歳で亡くなられたスキーヤーの三浦敬三さんも肉を食べていた、という部分が取り上げられていますが、非常に合理的なバランスのとれた食事と運動を続けていたとのこと。

 

どうしても、「長生きしている人は肉を食べている!」という部分だけが取り上げられてしまいがちですが、やはり肉だけではなくバランスの取れた食事である、という点はおさえておきたいところですね。

 

なので、肉を食べると長生き出来ない!というのは極論のような気がします…

 

腸内環境悪化はアンチエイジングの大敵‼

ただ、肉を食べ過ぎれば腸内環境を悪化させてしまうのは間違いない事実。

腸内環境の悪化は老化を進めてしまいますし、逆にアンチエイジングの近道は腸内環境をよくすることなんです。

腸内環境の重要性は何回か過去記事にも書いていますので、ぜひこちらもご覧下さい☟

www.kimamariko.com

 

ということで、腸内環境改善にいろいろ取り組んでいる私ですが、最後の砦として肉断食を始めてみました。

 

先月の22日からだから、ちょうど3週間経過。

で、やはり調子はいいのかなぁ🎶という気はしています。

ただ、まったく食べていないか、というとそんなことはなくて煮物に入っている小さいお肉をつまんでしまったり、料理している時に味見と言ってはお肉を食べてみたりしているのですが、それでもライオンだった頃に比べるともうほとんど餓死寸前のごとく肉は食べていません('ω')ノ

 

疲労感も減ってきているし、便秘も多少改善した感じ🎶

また、肉を食べなくなるとジャンクフードなどを食べたくなくなり、より自然に近い、素材そのものの味がわかるようなものが食べたくなります。

 

f:id:adamari042528:20190715134458j:plain

もうライオンから牛になってしまいました。

mariadaではなくmoooadaです(´∀`*)ウフフ

 

ただ、牛のごとく草ばかり食べてまったく肉を食べなければそれでいいのかというと、そんなことはないようで、ちゃんと肉を食べないと毎日の活力やメンタルがやられてしまう、といった研究も多いのでやはり食事のバランスは大事にしたいところ。

you are what you eat.

 

英語にはこのようなことわざがあるようです。

直訳すると「あなたはあなたの食べたもの」です。

つまり、あなたの食べたものが血液を作り、血液が細胞を作り、細胞が臓器や筋肉等を作り、一つの体をつくりだしているという意味になるそうです。

結局、食べたものがあなたをつくっている、ということになりますね。

 

アンチエイジングにとって一番重要なについてなんとも考えさせられることわざです。

 

私と同じように腸内環境改善しないな…という方はまずは試しに3日間お肉を食べてみるのをやめて、体調の変化を感じてみてください。

 

今日の夕飯はさっそく草だけをお召し上がりくださいませ~(*'▽')