これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

【甘いもの】で老化が進行!?

f:id:adamari042528:20190704180349j:plain

こんばんは。mariadaです。

 

みなさん、お疲れの時は甘いものを食べて疲労回復!なんて思ってチョコやお団子などを食べていませんか?

甘いものを食べれば気分が良くなるし、ストレスが減るもん🎶と思って食べますよね。

 

疲れてイライラしてくると、男性なら「酒でも飲んでないとやってられねぇ!」となるところ、女性は「甘いものでも食べてないとやってられないわ(。-`ω-)」となりますね。

 

ただ、甘いものは気分をまったく改善しないどころか、アンチエイジングにとっても大ダメージであることがわかっています。

 

甘いものばかり食べていると、野菜を摂っても老化が進んでしまう

もちろん、少しの砂糖や果糖ブドウ糖液糖なら問題ないのですが、お菓子やジュースが好きな人はどんなに健康的な野菜中心の食事をしていても、栄養が足りなくなってしまうようです。

 

ビタミンC

糖とビタミンCは細胞の中に取り込まれる際に同じ通路を使っているそうです。

お菓子を食べ過ぎてしまうと、体内に糖が増えて通路を独り占めしてしまうんだとか・・・そのため、ビタミンCが細胞に入れなくなってしまうようです。

 

ビタミンCは皮膚や免疫に関わる栄養素なので、糖のせいで吸収がブロックされてしまうと、一気に肌荒れやしわが増えることに‼

フルーツの場合であればビタミンCが果糖のダメージを補ってくれるそうですが、お菓子やジュースだとそうもいかないようです。

 

f:id:adamari042528:20190704180404j:plain

ビタミンD

2014年の実験によると、果糖を大量に摂った参加者はビタミンDを作る酵素が減ってしまうという結果が出たそうです。

 

そのビタミンDが減ると

  • 果糖による脂肪肝の確率が激増
  • 体内の炎症度が激しくアップ
  • 慢性炎症が発生
  • 老化がぐんぐん進行‼

といったいや~な流れがで出来上がります。

 

カルシウム

カルシウムの吸収にはビタミンDの働きが必須ですが、砂糖のせいでビタミンDが減ってしまうと、体がカルシウムを使えなくなってしまうようです。

さらに、果糖にはカルシウムを体の外に追い出す作用があるそうで、カルシウム不足はどんどん進んでしまうことに。

カルシウムには肌の水分を保つ働きがあるので、足りないとシミ、しわの原因になってしまうこともあるそう。

 

マグネシウム

マグネシウムは不眠解消の効果があったり、頭をよくする効果があったりする素晴らしいミネラルですが、他にも免疫系の改善や骨を強くする作用があったり、タンパク質やDNAの合成、神経系の改善など、特に近年になって重要視されているミネラルだそうです。

 

もっともアンチエイジングの前に体が正常に働くためには必須と言えるもの。

 

ところが、お菓子を食べ過ぎると糖代謝のためにマグネシウムが消費されるうえに、腎臓からもマグネシウムは大量に出ていってしまうようです。

こうなると、マグネシウムが切れて体内の糖が処理できなくなり、糖を代謝する機能が壊れてしまうとのこと。

それでもあまった糖を処理するために大量のマグネシウムが必要になる、という不の連鎖が起きてマグネシウムは糖代謝のためにしか使われなっくなってしまうんですね・・・

 

はぁ~(*´Д`)

ここまで書いてきてさっき食べてしまった大好きなチョコミントアイスを恨んでますが・・・

今日は仕事頑張ったし、疲れたし、ストレスも溜まったし、自分へのご褒美だも~ん(´▽`*)私、アンチエイジングのために生きてるわけじゃないしねっ!

って自分の都合のいいように考えて後で泣きを見るのは自分のようですね(-_-メ)

 

はいはい。わかりました。

甘いものをやめりゃぁいいんでしょ!やめりゃぁ!

って投げやり感満載になってしまいましたが(笑)

 

もちろんたまにのスィーツはOKのようなので、週1か月1くらいのご褒美に高級スィーツをいただく、というのがよさそうですね。

 

みなさんも、せっかくの健康的な食事を無駄にしないためにも、アンチエイジングのためにも、超高級スィーツを月1で🎶というのはいかがでしょう?(´▽`*)