これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

ビールよりも・・・

f:id:adamari042528:20190619201129j:plain

こんばんは。mariadaです。

 

みなさん、晩酌はしますか?

 

私はけっこうお酒が好きなので、ビールやら缶酎ハイやら、ワインやら、家にお酒があればお水代わりに飲みたいんですが、やはりお酒は体に良くないですねぇ・・・

アンチエイジング的にもやはり、お酒はNGのようです。

 

適量のお酒は体にいい!などと言われたりもしますが、それもいまいち信憑性がない感じ。

というのも、体にいいとされる効果は遺伝子によるのではないか?との見解もありまして、女性ではグラス1杯、男性ではグラス2杯ぐらいの適量を守ったとしても、お酒の健康効果はすべての人口に対して6%ぐらいしかないようです。

 

それよりも怖いのがお酒を飲みすぎる害ですね。

慢性的な飲みすぎは体によくないのは当然ですが、一晩の飲み過ぎでも全身に炎症反応が起きて老けてしまうことも分かっています。

 

飲み過ぎの量は、ざっとビールならロング缶1.5本以上、日本酒だと1.5合でアウトな感じです。これ以上飲むと体内に毒素が流れ込み炎症がおきて、老けてしまうとのこと。 

f:id:adamari042528:20190619201112j:plain

うーん…確かに少し飲みすぎた次の日は頭痛とともに、顔もすっかり疲れ切って老けた感じになっちゃってますねぇ(-_-;)

二日酔いなんてしようものなら、元の体調に戻るのに数日かかってしまうし、ひどい時なんかは1週間くらい体調が悪いなんてことも…

 

ただ、私はどうしてもお酒を止められないんですよねぇ・・・

 

あっ(;'∀')アル中じゃないですよ!大丈夫です!

キーボードを打ってる手もふ、ふ、震えていません!

このブログをお酒を飲みながら書いているかもしれないし、いないかもしれませんがまだちゃんと、し、し、しらふです。

ちゃんと、文章書けてるじゃないですかぁ!!!(意味のない逆ギレ。笑)

 

と、私のようにお酒大好きな方には、ぜひビールよりもワインがおすすめです。

 

はいはい。ポリフェノールでしょ!と思われた方、その通りです。

 

ポリフェノールのおかげで寿命が延びることが観察研究によって分かっています。

25万人を追いかけた観察研究によると、1日に2杯ぐらいの適量のワインを飲む人はビールや蒸留酒を飲む人よりも全死亡率が下がっていたそうです。

もちろん、飲み過ぎれば全死亡率は上がるとの結果が出ています。

 

また、若返りにも効果がありそうなデータも✨

女性に適量のワインを飲んでもらう実験では、体内の炎症が減ったり抗酸化能力があがっていたり、と老化をもたらす最大の原因となる炎症レベルを引き下げてくれる結果が出ています。

 

他にもワインは脳の健康にもいいらしい!とかワインで腸内細菌が増える!とか色々と素晴らしいデータがあるそうです。

 

とはいえ、やはりアルコール・・・

ポリフェノールをとりたければ、ブルーベリーやナッツ、ココアなどからも取れますので、お酒を普段飲まない人がわざわざ、体によいからといってワインを飲む必要はないと思います。

 

どうしてもお酒が飲みたいという方はビールや酎ハイよりも、ワインをどうぞ🎶ということでして、ワインといってもポリフェノール効果を得たいので、飲むのであれば赤ワインをグラス2杯まででストップです。

間違っても大きなグラスを用意したりしないようお願いいたします(笑)

f:id:adamari042528:20190619201058j:plain

 

ということで、私はこちらのポリフェノール2.5倍のボンルージュを毎日浴びるように飲んでおります🎶

てへ(●´ω`●)って💦違います💦

このグラス2杯までと決めて禁断症状と戦っております(笑)

 

飲みすぎは体内炎症のもと!!!

でも、どうしても飲みたい時にはビールや酎ハイよりもワイン適量でちゃっかりアンチエイジングして下さいませ~🎶

 

 

 

 

 

 

 

 

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)

図解 ワイン一年生 (SANCTUARY BOOKS)