これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

ずぼらにアンチエイジング🎶

f:id:adamari042528:20190707145324j:plain

こんばんは。mariadaです。

 

みなさん、楽してアンチエイジングしたいと思いませんか?

もっと言えばずぼらでも若返る、というような魔法の薬があったなら✨なんて!

 

こんなことを考えるきっかけをくれたのが、❝すぼらママでも、結局すべてうまくいく!❞という本です。

育児についての本ですが、アンチエイジングにも使えるかも🎶と思える内容だったのでご紹介です。

  

 

 

こちらの著者、三浦直子さんとは趣味のフラメンコ教室で知り合いましてお友達として仲良くさせていただいております。

 

お、お、お友達と呼んでいいですよね?直子さん!?

と、どもりながら確認したいわけは、2年ほどのお付き合いになりますが、フリーランス翻訳者として活躍されていて、本まで出版されている方だったということを私はつい1週間ほど前に知ったんですΣ(゚Д゚)

 

 

なにやらご自宅でお仕事をされていて、いつもとっても忙しそう💦とは思っていましたが、ご自宅でのお仕事を根掘り葉掘り聞くのも気が引けて聞かずにここまできてしまい・・・

 

先日、私がブログを始めたことで、直子さんのブログも拝見させていただくこととなり、こちらの本の出版を知ったわけであります。

文章を書くプロの方とはつゆ知らず、私ったら自分の拙い文章で書かれたブログを「読んでみてね~」なんてお気楽に伝えて赤っ恥をかいてしまいました・・・(-_-;)

 

何はともあれ、とても気さくで話していて超~面白い直子さんが書いた本を早く読みたく、急いで購入しさっそく読んでみました(*'▽')

直子さんのことを多少なりとも知っているからか、とにかく笑わせて読ませていただきましたwww

もちろん、直子さんを知らない方が読んでもきっと面白いはず。

 

仕事に育児に家事をこなす姿が軽快に書かれておりまして、直子さんのお人柄そのままの飾らない様子が痛快です。

本を読み終わり、一見マイナスイメージのこの「ずぼら」という言葉の素晴らしさに感動しております✨

私の辞書には無かった「ずぼら」✨✨✨という概念。

この言葉がもう素敵すぎて、ブログのサブタイトルを「ずぼらにアンチエイジング」と改名したいと思っているところです(笑)

 

まず、一番関心したのは、そのリアルすぎるずぼら料理のレパートリーを包み隠さず本に書いてるあたりがもうリスペクトです!

さらにリアルにずぼらっているあたりが伝わってくる家事については、一抹の不安を覚えましたが、ここもリアルすぎてリスペクトに値する読みどころ。

 

でも、なんといっても子供最優先に育児に奮闘されている様子がなんともほほえましい素敵な本です。

働くママが育児をするって本当に大変だ、ということがひしひしと伝わってきて育児真っ最中のパパさんにもぜひ読んでいただきたい1冊。

著者は子育てをこうするべき、なんてことは言いませんが、この本を読むことで自分はどんな子育てをしたいのかが自然と見えてくると思います。

やらなきゃいけないことがいっぱいありすぎて子育てに行き詰っている方がいたら、ぜひ読んでみて下さい。

f:id:adamari042528:20190707145351j:plain

 

私も20年前にこの本を読みたかったなぁ・・・

子育てって悩みが尽きないですよね。

自分のしていることが合っているのか、子供のためになっているのか、不安で不安で仕方ないけれど、答えなんてどこにもないし、誰も教えてくれない。

子供の成長を見ても正解なんて何か分からない。だからこそ、自分の大切なことにフォーカスするしかない。でもそれをするには?という疑問の答えがみえてきます。

人それぞれ大切なことは異なると思いますが、後悔しない子育てをするヒントがもらえる1冊となっていると思います🎶

 

さてさて、この本の「ずぼら力」大いにアンチエイジングにも使えるな、と思いました。

アンチエイジングに必須な要素は大きく分けて、

  • 食事
  • 睡眠
  • ストレス対策
  • NEAT(日常の活動量)
  • エクササイズ

となりますが、どれもこれも1度にやろうとするには無理がある。

この他、女性はメイクで若返る術も知っていなければならない。 

 

でも一番重要なことだけに絞り、あとはずぼらってみる。

 

ここでまず効果が大きい、と思えるところから取り組むとなると、食事でしょう。

食事といっても難しいことは何もなく食べ過ぎない、というだけ

 

2009年に米科学誌「Science」に発表されたアカゲザルの研究はご存じでしょうか?

写真をご用意できないのが残念ですが、20年間にわたり過食状態で育てられたサルと、食事量を3割カットされたサルの違いは一目瞭然で、食事制限をしたサルは毛並みが良く白髪もなく、若々しい。

腹七分にするだけで、若々しさを保てる

化粧品ジプシーになって、しわ取り、シミ取りの美容液を探さなくとも食事を減らすだけであとはズボラーでもOKなんです。

顔の小さな一部分の目じりのしわやシミを気にするよりも、食事を改善するだけで体全体が若返ってくると思います。

 

食い意地が張っていて腹十二分は食べていた私も、今は腹9分にしています。

腹7分にはほど遠いですが、3割減にはなっていて腹十二分食べていた時よりも体調が良いのは明らかです。

腹十二分の時は常にお腹がいっぱいで睡魔に襲われ疲労感がひどかったのですが、食事量を減らしただけで、日中の眠気がなくなり疲れにくくなったのです。

 

まさに食事を減らすだけ、というずぼらっぷりで効果を得られています(≧▽≦)

 

ぜひみなさんもずぼらを極め、最小限の努力でアンチエイジングに取り組んでみて下さい🎶