これからの人生は「かきくけこ」

❝老けない❞ために、気ままにアンチエイジング!

これからの人生は「かきくけこ」

脳を活性化させて【若返る】ためには⁉

f:id:adamari042528:20190821182306j:plain

 

こんにちは。mariadaです。

 

みなさん、最近自分の姿を写真やビデオで見る機会ってありましたか?

 

自分の姿は鏡で見るよりも、写真やビデオに写して見たほうが脳が活性化して若返るそうです。

 

鏡やビデオに映る自分の姿を見ると、脳が刺激される

 

女性は「いくつになっても美しくありたい」という思いを持っています。

 

鏡を覗き込んではシミやシワを気にして、それを隠そうと一生懸命お化粧をします。

また少しでもスタイルを良く見せようとオシャレして、容姿を美しくすることに余念がありません。

 

ただ、「少しでも美しくなりたい」と思い鏡の前に立つよりも、写真やビデオで自分の姿を客観的に見たほうが、脳が刺激されて若返りにつながります。

 

自分を客観視するとショックを受ける?

 

お子様がいらっしゃる方は、子供が幼かった頃はお出かけや行事の度に自分も一緒に写真に映っていた、という方も多いと思います。

しかし、子供の成長とともに自分の映っている写真は年々少なくなってはいないでしょうか?

 

また家族行事以外にも年を重ねると写真を撮られる機会も、ましてやビデオを撮られることなど、本当に減っていきますね。

 

しかし、久しぶりに何かの集まりで撮った写真の自分の姿があまりにも老けていてショックを受けた!なんていう経験はありませんか?

 

ほうれい線や目のシワがやたらと目立って見える…

 

顔色もくすんでいて笑顔も不自然…

 

また、たまたまビデオに映った自分の姿が「背中が丸くて年寄り臭かった!」なんてことも…

 

ある人はエレベーターに乗った際、後方に防犯カメラが設置されており、その映像が前方に映し出されるもので、そこに映る「禿げ頭」が自分の頭だったことに相当なショックを受けた…とのこと。

 

このように歳を重ねてから自分を客観的に見ると、何かしらのショックを受けてしまうことが多少なりともあると思います。

 

それは、おそらく自分の中で思い描いている自分のイメージと実態の差を目の当たりにしてしまうからだそう。

 

とりわけ、高齢になってくると鏡で自分の姿を見ることも減ってしまい、自分のイメージが数年前で止まっていたりします。

すると、この自分のイメージと実態の差はかなりひらいてしまうことに…

 

新しい自分と向き合う!

 

自分の姿を写真やビデオで見ることでショックを受けてしまうかもしれませんが、そこで目をそむけてはいけないようです。

 

そのショックが新しい視点で自分を見ることにつながり、脳の刺激につながるとのこと。

 

写真や映像を通じて今の自分を見直すことで、新しい自分と向き合うことになり、それが生まれ変わるためのはずみになる、そうです。

  

年々、写真やビデオを撮られることも減ってきて、たまに撮られる側になったりすると、「自分はいいわ…」なんて遠慮して映らないことも…

でも、これからはそんなことは言っていられません。

 

自分の姿を客観視するいい機会だと思い、どんどん写真やビデオに写って年老いた自分と対面したいところです。

 

「思っている以上に背筋が曲がってきたな…」とか、

「やっぱり中年太りやばいな…」など、

客観的に自分を見ることで、改めなければならないところが具体的に見えてきます。

そこから部分的にアンチエイジングをはかると、老けた見た目が改善されていきます。

 

まずは映像チェックで自分の老け具合をチェックです。

 

自撮りで幸福になれる?

 

とは言っても、なかなか写真やビデオを撮られる機会がない、という方も多いと思います。

 

そんな方には自撮りがおすすめです。

 

カリフォルニア大学の実験では「自撮りで幸せになれる」なんていう面白い結果が出ています。

 

学生を対象にしたものですが、4週間自分の笑顔を自撮りしてもらい、その後メンタルチェックを行ったところ、全体的に幸福度があがっていたそうです。

なにやら、自信がアップして快適な気分になったんだとか。

 

「自撮り」というと、なんだかナルシストな雰囲気がありますが、自分をもてなすための自撮りは幸福度をアップさせてくれるようです。

 

毎日自撮りなんてちょっと現実的ではありませんが、笑顔で撮れた自撮りの写真を毎日見るだけでも幸福度がアップしそうですね。

 

私は趣味でフラメンコをしていますが、踊りの上達は何と言っても自分の踊りをビデオに撮って見ることです。

踊っているところを客観的にビデオで見るのは嫌なものですが、それは「こんな変な踊りをしていたのか…」と相当なショックを受けてしまうから。

でも、そこでその変な踊りと向き合うことで、初めて直すべき点がはっきりと分かります。

 

どんなことでも客観的に自分を見ることは大事と言えそうですね。

 

老けていく自分にストップをかけるためにまずは客観視!

 

ぜひみなさんも、映像チェックからアンチエイジングを(*'▽')