これからの人生は「かきくけこ」

❝老けない❞ために、気ままにアンチエイジング!

これからの人生は「かきくけこ」

【食べ過ぎを防止】するためにはおでこをたたくと効果的⁉

 

f:id:adamari042528:20200104163326j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

お正月、終わっていしまいましたね。

たくさんのご馳走を食べてのんびりとお正月を過ごした方…食べ過ぎて少し太ってしまい反省していませんか? 

 

「痩せなくちゃ!」なんて焦っている方もいるかと思いますが、焦らなくても大丈夫です。

簡単な方法で食べ過ぎを防止出来て、アンチエイジング出来る方法があります。

腹六分に老い知らず

昔から日本では「腹八分に医者いらず」「腹六分に老い知らず」と言われてきました。

 

長寿の方達はお肉をよく食べる、とか魚をよく食べるとか、甘いモノが好きらしい…など、いろいろな説がありますが、共通しているのは満腹まで食べない、ということです。

というのも、長寿遺伝子は摂取カロリーが腹七分目、腹六分目の時が最も活発になるからです。

おでこをたたけば食べ過ぎ防止?

腹八分や腹七分が大事!なんてことはよく分かっているけれどもなかなか食べる量を減らすことが出来ない…という方も多いと思います。

 

「ゆっくりよく噛んで食べる」というのも、食べ過ぎ防止にはよく言われることですが、なかなか難しいですね…

 

そこで、ダイエット専門家の方が提唱する面白い方法をご紹介です。

 

その食べ過ぎ対策とは❝ おでこを軽くたたく ❞というもの。

5本指を軽く広げて1秒間隔でおでこをトントンとたたき続ければよいそうです。

その際、指がおでこに当たる感覚に意識を集中させるのがコツとのこと。

 

なんだか、そんなんでは効かなそうな気がしますが、オーストラリア臨床医が開発したテクニックで実際に肥満治療の現場でも効果をあげているそうです。

 

こちらの仕組みは、例えば「甘いモノが食べたい」と思っている時、人間のワーキングメモリはその欲望でいっぱいになっています。

ワーキングメモリとは、脳が一時的に情報を記憶する部分のこと。

そのワーキングメモリはとても容量が少ないので、単純な作業に意識を向けることで「甘いモノが食べたい」という情報を追い出すことが出来る、というわけです。

 

食べることを先延ばしに

「おでこをたたく」というのは面白い方法ですが、もっと効果があるのは食べるのを先延ばしにすることです。

 

人間は、どんなに「甘いモノが食べたい」と思っても、約20分ほど待てばその欲求は確実におさまるそうです。

 

なので、「もっと食べたい」と思っても「何かをやってから食べよう!」と間に他の行動を挟むのがおすすめ。

 

洗いものが終わってからアイスを食べよう!と思い、

やっぱり洗濯物を畳んでからにしよう!

ついでに家計簿を付けてから!

というようにどんどん食べることを先延ばしにすると、食べることよりもお金のことを考え出すハメになったりして、結局「食べる」という欲求自体を忘れてしまうことになります。

 

やりたくないことを先延ばしにすると、どんどんやりたくなくなってくる…という悪い習慣を食べ過ぎ防止に利用すればよいのです。

食べ過ぎないことは1番のアンチエイジング

2009年に米科学誌「Science」に発表されたアカゲザルの研究はご存じでしょうか?

20年間にわたり過食状態で育てられたサルと、食事量を3割カットされたサルの違いは一目瞭然で、食事制限をしたサルは毛並みが良く白髪もなく、若々しい、という有名な実験です。

 

腹七分にするだけで、若々しさを保てるということになりますね。

 

食い意地が張っていて腹十二分は食べたい私ですが、❝先延ばし❞でけっこう食べる量が減りました。

ただ、やはりお正月は食べ過ぎてしまったので、今日からは❝おでこたたき❞で食べ過ぎ防止に挑もうと思っています。

 

ぜひみなさんも、食べ過ぎ防止でアンチエイジングを(*'▽')