これからの人生は「かきくけこ」

❝老けない❞ために、気ままにアンチエイジング!

これからの人生は「かきくけこ」

【更年期】で気分が落ちてしまった時は、女としての自分を取り戻すチャンス!

f:id:adamari042528:20191217205305j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

年齢を重ねることで老いが身近に感じられるようになってくると、気分も塞ぎがちになってきますね。

 

年々、時間の流れは加速度を増し、いつのころからか歳を取るスピードが速くなってきたような気もきます。

 

白髪やシミ、シワなどが目立つようになり、体型もどんどん崩れてきた、という外見の変化に漠然とした不安や拒絶感、嫌悪感を抱いている方も多いはず。。。

 

しかし、エイジングに対し否定的な感情を抱いていると更年期障害が酷くなってしまいかねません。

 

でも、ちょっとした心の持ち方で年を重ねることに否定的にならずに、肯定的になることは可能です。

 

素敵に自然に歳を重ねるとは

 

40代、50代の女性にとって、エイジングは一番の関心事です。

 

今後、どんな風に年を重ねていけばよいのか?

それを考えることは、若い頃やったような自分づくり、自分探しに似ているかもしれません。

 

これまでやってきたことと、やり残してきたこと、今後まだやれることを真剣に考え、新しい自分として再出発する大切な時期とも言えます。

 

子供が成人したり、夫が定年を迎えたら、そろそろ「妻」や「母」を卒業して『私』に戻ってもよいかもしれません。

 

そして、もう一度「女」としての自分を意識して更年期を迎えれば素敵に歳を重ねられます。

 

 年を取ることに否定的になるのは人生の通過点

 

素敵に歳を重ねると言っても、急に増えてきた白髪やシワ、シミ、顔のたるみなどを見るとオシャレやメイクもする気にならず、落ち込んでしまうことも。

 

お気に入りの服を着てみても、くびれたウエストなんてどこへやら…

お腹ポッコリでお尻も垂れている、となるとどうしたって拒絶感や嫌悪感ばかりが出てきてしまいます。

 

でも、それはみな同じ。自分だけではありません。

 

40代~60代の女性を対象にしたエイジングに関する調査を見てみると、外見の変化を理由に歳を取るのが不安だと答えている方は多いようです。

 

また、現在の自分を20代の頃と比較した場合、30%の方が「悪くなっている」と答えているそうです。

 

ただ、これは通過点。

 

ほとんどの人が拒絶感や嫌悪感を抱き、年を取ることに抵抗を覚えた時期もあったけれど、それを乗り越えてきたようです。

 

50代で受け入れられる人が半数

 

アンケート調査によると「いつ頃年を取ることを受け入れられたか?」という問いに23.8%の人が50代前半と答え、21.4%の人が50代後半と答えています。

 

約半数の人が50代で受け入れているので、40代は拒絶の時期で50代が受容の時期と言えそうです。

 

40代は失っていくものばかりに目がいって、それらをとどめておこうと躍起になって苦しくなってしまうのかもしれません。

 

これが50代になると、いい意味で諦めの境地に入り「受け入れざるを得ない」という感じになるのでしょう。

 

50代で年を取ることを肯定的に受け入れられた人は趣味を持ったり、旅行に行ったり、芸術や音楽に触れたり、と楽しめる時間を増やしているようです。

 

自然に受け入れたい

 

「年を取ることに対し、今後どうありたいか?」というアンケートの問いには半数以上の人が「努力はするが、自然なこととして受け入れたい」としています。

 

中には「ありのままでいい」という意見や「出来ることは何でもして徹底的にアンチエイジングしたい」という方も!

 

また、年を取ることに対し、じたばたしたりした経験の意味は?という問いに関しては

 

  • じたばたしたから吹っ切れた
  • 人として成長するいい機会
  • 受け入れるには必要なプロセスだった

 

という意見が多く、受け入れられずに抵抗したことも、後には肯定的に捉えています。

 

みな自分と同じように悩んで落ち込んで老いを受け入れた、という意見をみると、少しホッとしませんか?

  

もう一度『自分』を生きる

 

年を取るとは若さを手放し、老いを受け入れること。

 

ただ、そこには若い時には得られなかった知識があります。

 

経験も重ねてきて、ようやくわかってきたことや、見えてきたものもあるはず。

 

年を取ったからといって違う誰かになってしまったわけではなく、自分自身という心は少しも変っていません。

 

思い半ばで逝ってしまう人のことを思えば年を重ねられるなんて、幸せで素晴らしいこと。

 

更年期や閉経を「女として終わり」と捉えるのではなく、妊娠、出産、育児という母なる性が終了したと捉え、もう一度「女」に戻れる!と考えれば年を重ねることが楽しめそうです。

  

『女』として『自分』としてどう楽しんで生きていくか?を考えることは最高のアンチエイジングです。

 

ぜひ、みなさんも「更年期を女としての再出発」と考えアンチエイジングを(*'▽')