これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

お金よりも時間への価値観を大事にすれば幸福度が増す⁉

f:id:adamari042528:20190814202055j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

みなさん、お盆休みゆっくりされていますか?

 

お盆など関係なくお仕事の方も多いかと思いますが、休みであろうと仕事であろうと、私たちの幸福度には時間の価値観が影響することがわかっています。

お金よりも時間の価値観が人生の幸福度には大事

人生の幸福に大事なのはお金よりも時間である!というデータは昔からあるようで、お金よりも時間に価値を置く人の方が幸福度が高い、という研究結果が出ています。

 

ただ、ここでの疑問はお金がある人は時間を大事にして、お金がない人がお金に執着しているのではないか?ということ。

 

そこで、その辺りを調べてくれたのがカルフォルニア大学の研究になります。

お金の有無に関係なく、お金よりも時間を大事にする人の方が幸せ

こちらは4,415人の男女にお金と幸福に関する質問をしてわかった結果です。

具体的にどんな質問をしたかというと…

  • お金と時間のどちらを重要視しているか
  • 現在の幸福度と人生の満足感
  • 現在の年収と労働時間

というような質問を行ったわけですが、その結果64%の人が「時間よりお金の方が大事」と答えたそうです。

 

しかし、実際はお金より時間を大事にする人の方が幸福だったようです。

また、どんなにお金を持っていても時間を大事にする人の方が幸福だったとのこと。

さらに、お金も時間もない人の場合でも、時間を大事にする人の方が幸福だったという結果です。

 

つまり、半数以上の人が時間よりもお金の方が大事だと思っているけれども、時間を大事にしている人が幸福度を感じている!ということですね。

時間を大事にすれば思考が前向きに!

なぜ、時間を大事にすると幸福になれるのか、その理由についてはお金と時間の性質の違いが原因ではないか、と考えられているそうです。

 

どういうことかというと、お金というのは上限がありません。

たくさん稼いで持てば持つほど欲しくなります。

その結果いくら稼いでも足りない気分になります。

それが不幸を感じさせる原因に。

 

一方、時間は全ての人に平等な量しかありません。

時間を大事にしている人は、その限られたリソース(資源)をどう有意義に使うかを考え出そうとします。

その前向きな考えが幸福に繋がっているのではないか、ということです。

 

f:id:adamari042528:20190814202301j:plain

お金と時間の本質的なリソースの差が心理的な幸福感の違いをもたらしているようです

時間の大切さを考える

研究者いわく、定期的に時間の大切さについて考えれば、少しずつ個人の価値観は変わっていくとのこと。

 

例えば自分の死について考えると人生はより価値を持つ、なんてことも言われています。死を考える、ということは時間が有限であることを思い知る一番の方法です。

「死を想え」なんていう定番のフレーズもあります。

自分の死について考えることで人生の希少性が増して、逆にポジティブになれるようです。

 

お金よりも時間は最強ですね。

 

ただ、じゃぁお金がなくても時間を大事にすれば幸せになれるの?というとそうではなく、お金と時間のどちらに力点を置くのがいいのか?という話なのでそこはお間違いなく。

ある程度、生活していける分のお金はもちろん必要になってくるので、一文無しでも時間を大切にして幸せに!とかはお考えにならぬようお願い致します(笑)

 

残りの人生あと半分!と思って、まだまだ先は長い気持ちでいますが、体力の衰えや働ける期間、使えるお金のことを考えると、やはり今という時間が一番大事でかけがえのないものかもしれませんね…

 

限りある時間をより大切に思えるよう、アンチエイジングとともに自分の死について考えてみるのがよさそうです。

 

みなさんもぜひ、お金よりも時間の価値について考え幸福度を増して下さいませ~(*'▽')