これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

あのおつまみの食べ過ぎで【薄毛】に!?

f:id:adamari042528:20190809185650j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

みなさん、鶏レバーはお好きですか?

ビタミンAの摂りすぎは薄毛の原因に

多少、肌が疲れていようが、中年太りになっていようが、髪の毛がフサフサならある程度は若くみえますが、見た目年齢がグッと上がってしまう薄毛…

 

女性の命とも言える髪の毛は、男性にとっても絶対に減らしたくないものだと思いますが、ビタミンAの摂りすぎが薄毛の原因になっていることがわかっています。

 

薄毛というと、ワカメやヒジキなど海藻類を摂り、髪を増やそうと考えがちですが、栄養不足というよりも、栄養素の摂りすぎも脱毛の原因になっているそうです。

 

ビタミンAは大切な栄養素

ビタミンAは目や皮膚の粘膜を健康に保ったり、抵抗力を強めたりする働きがあります。

体のコラーゲン量を上げるためにも必須です。

また、がんの予防効果があるなど、大切な栄養素です。

 

食事摂取基準(2015年版)によると、

ビタミンAの1日の上限量は

  • 30~49歳の男女で2700㎍

推奨量は

  • 男性なら900㎍
  • 女性なら700㎍

だそうです。

鶏レバーは1串だけでも、上限量を超えてしまう

ビタミンAが豊富な食材としてレバーがありますが、鶏レバーの焼き鳥は1串に4200㎍もビタミンAが含まれているそうです。

1串食べただけで、すでに上限量を超えていますね。

焼き鳥同様におつまみとして食べるあん肝は40gで3320㎍もあるとのこと。

 

こうしたおつまみはたまに食べる分には問題ないそうですが、暑い夏、ビール片手に毎日のようにレバーの焼き鳥やあん肝を食べていると、薄毛を進行させている可能性があるそうです。

 

f:id:adamari042528:20190809185708j:plain

 

また、サプリメントの摂取量にも注意が必要です。

サプリメントでビタミンAを摂取している人は、その上でレバーを食べればたとえ少量でも摂取量をすぐにオーバーしてしまうことになります。

ビタミンA単体ではなく、マルチビタミンなどにもビタミンAは含まれているようなので、その含有量は確認しておいた方がよさそうです。

 

ビタミンAの摂りすぎは薄毛以外にも?

ビタミンAの摂りすぎは薄毛だけではなく、頭痛や吐き気など体にさまざまな問題を引き起こしてしまうようです。

慢性的な過剰症としては、皮膚のはげ落ち、口唇炎、食欲不振、筋肉痛などの症状があげられるとのこと。

鶏レバーのほかに、ビタミンAを多く含む食品は豚レバー、うなぎ、乳製品、卵などがあります。

ただ、ビタミンAの過剰症は通常の食事では起こらないそうなので、サプリメントの利用やレバーの食べ過ぎに注意すれば問題ないようです。

1日の推奨量はとる必要がある重要なビタミンA

長期間にわたり摂りすぎることが問題になるので、ビタミンAを一切取らないようにすれば、髪がフサフサになるわけではありません。

ビタミンAが不足すれば頭皮が乾燥してしまい、頭髪にもよくありません。 

通常の食事でしっかりとビタミンAは摂取すようにして、摂りすぎによる抜け毛は防ぎたいところです。

 

と、この記事を書きながら、私は無性に焼き鳥が食べたくなってしまいました。

今、よく行くおいしい焼き鳥屋さんに予約を入れたところです!

焼き鳥の鶏レバーも豚レバーもレバニラ炒めも大好きです🎶

ウナギも大好きだし、乳製品も毎日とっているし、卵もほぼ毎日2個くらい食べちゃうし!

 

はっ(。´・ω・)?

最近の抜け毛はビタミンAが原因だったのかしらん?

焼き鳥屋さんはキャンセルした方が良さそうですね(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)

 

みなさんもレバー、ウナギの食べ過ぎにはご注意を~(*'▽')