これからの人生は「かきくけこ」

気ままに気長に楽しむアンチエイジング

いつもいつも疲れているな…という方、その疲れは【運動】で治せるかも!?

f:id:adamari042528:20190730211211j:plain

こんにちは。mariadaです。

 

慢性疲労でお悩みの方はいませんか?

ひどい疲れは運動で治す

よく、「疲れにくい体を作るために普段から運動をして体力を作ろう!」などと言いますが、逆に少しずつ運動を増やした方が疲れが消えるということもあるそうです。

疲れている時もエクササイズをした方がよいということですね。

 

ここで重要なのは「少しずつ」運動するということです。

一般的には段階的運動療法(graded exercise therapy)の頭文字をとってGETと呼ばれているそうです。

慢性疲労

慢性疲労はかなりツラいもので謎の疲れが延々に続きます。

具体的な症状としては

  • 関節が痛い
  • ノドが痛い
  • 胃が痛い
  • 集中力が激減
  • 眠れない
  • 激しい光や騒音が辛い

といったものがあります。

慢性疲労の原因はまだはっきりとは分からず具体的な対策がないようです。

そんな中でかろうじて効果がありそうなのがGETということです。

具体的には2011年のメタ分析で過去のデータをまとめたものによると、GETは医師の診療よりも効果がある、という結論が出ているとのこと。

f:id:adamari042528:20190730211153j:plain

1日1分のストレッチから

毎日疲れ切っているのに運動なんかしたくない、と思うのもごもっともですが、あくまでも少しづつ「段階的」にというのがポイントとなります。

最悪に疲れた状態でも、出来る範囲のことからスタートする!ということが一番大事なようです。

 

具体的には

  1.  1日1分のストレッチから始める
  2. 1分のストレッチを1週間続けてみる
  3. 「もっと出来そう」と思ったら時間を10~20%だけ増やす
  4. さらに1週間続ける
  5. 再び時間を10~20%だけ増やす
  6. 慣れてきたら運動の負荷を少しだけあげる
  7. 最終的には、週の運動が2時間半になるあたりを目指す

これの繰り返しにより、運動の負荷を少しづつ少しづつ増やしていくわけですが、ポイントは決して20%以上は時間を延ばさないこと。

あくまでも、超スローペースで運動時間や運動の負荷を増やしていきます。

 

運動をすることで、逆に疲れが取れる理由はわかっていないそうですが、「慢性疲労というのは脳の炎症が原因ではないか」と考えられているそうで、運動がそのあたりに効いているかもしれないとの見解があるようです。

 

ただ慢性疲労の原因として、甲状腺の異常や、ホルモンバランスの乱れ、テストステロンの減少、なども考えられますので、ご自身の慢性疲労の原因には注意が必要です。

 

私はエアロビクスを10年ほど続けていますが、一時期出来ない時期がありまして、その頃の慢性疲労は本当にひどいものでした。

口を開けば「なんでこんなに疲れるんだろ?」「なんで寝ても疲れ取れないんだろ?」と言っては家族にヤツ当たっていたほど(。-`ω-)

とにかく、何をしても疲れる、寝ても余計疲れる…という感じでしたが、エアロビクスに復帰し、週2,3回のウォーキングで今は健康体を「ゲッツ!」(GET)

全然関係ありませんが、疲れ知らず🎶のような元気のいい「ゲッツ!」のダンディ坂野さん、最近テレビでお見掛けしませんねwww

 

1日1分のストレッチからならテレビを見ながらでも出来そうですね。

慢性疲労でお悩みの方、少しずつ少しずつ運動を始めて健康体をゲットして下さいませ~(*'▽')